こんにちは、ピアノ練習中のモアです。

ピアノを習っていた友人は、ドビュッシーのベルガマスク組曲とかを弾けるようです。有名な「月の光」もこのベルガマスク組曲のうちの一曲ですね。難易度としては中級くらいだそうなので、私もそのくらいまで行けたらいいなあ(笑)

初心者の私は最近1オクターブ離れた音を片手で押さえることができるようになりました。手が小さすぎなくて良かったと思ったのは初めてかもしれません。あと、アルペジオ(和音を低いものから押さえる)にも出会いましたが、これ何だかプロっぽくて良いですね。

それからスラーとタイの違いを知りました。どっちも音符の間に線が引っ張ってあるんですが、タイは同じ音符の間に線が引っ張られているのに対し、スラーは違う音符なのです。タイは繋がっている音符の長さを足せば良くて、スラーは繋がっている音符をなめらかに弾きます。

まだまだ初心者なので、楽譜を見ても分からない記号がたくさんありますが、日々発見があって練習はそれなりに楽しめています。和音を押さえてみたらすごく綺麗な音が出た時は、ピアノって楽しいと思えますね。

教材についてはいろいろ考えてみたのですが、やはり動画として弾き方がわかるものが良いなと思いました。Youtubeの動画を参考にしても良いですし、DVDみたいなものでも良いかもしれませんね。前回言ったように、「実際どうやって弾いているのか」を見たいというのが大きいです。難易度が上がるにつれ、正しい弾き方をイメージできないと練習は難しいと感じているので…。

普通にありそうですよね、レッスン用の動画とかDVD。ちょっと探してみます。

未分類